2014/01/21

ベンチャーが沖縄進出に際して知っておくべきサイト

ベンチャーは地方でチャンスをつかめ!
〜沖縄で飛躍的に成功する40の法則

付録

【沖縄メディア】
 沖縄でビジネスをするなら、日経新聞に加え、地元ローカル紙も購読する必要があります。東京の報道と沖縄でのそれは全く異なります。沖縄進出前であれば、定期購読は難しいでしょうから少なくともウェブサイトの記事をブラウズされるのがよいかと思います。
 また、「都道府県別上位3紙」を見てもわかるとおり、沖縄では下記2紙が超圧倒的な存在です。沖縄では、日経、朝日、読売は存在していないといっていいほど流通していません。Σ(゚д゚lll

琉球新報

沖縄タイムス


【官】
 これまでお役所とは縁がなかったというベンチャーは多いと思います。でも、沖縄では違います。助成金情報も主にここでチェック。
 沖縄県産業公社のメールマガジンは即登録してください。毎週ニュースが届きます。
 下記以外にも、進出候補地域の自治体(市町村)サイトもブックマークお忘れなく。

沖縄県庁

公益財団法人 沖縄県産業振興公社

内閣府沖縄総合事務所


【採用系】
 沖縄での採用・人材育成ノウハウについては、別の機会にじっくり言及したいと考えています。おおまかにお伝えすると、人口が世界的にも密集した首都圏と、ゆったりした地方では全く戦略が異なるということです。
 なんせ、沖縄最大の都市、那覇市の人口(31万人)が、横浜市(370万人)の1割に満たないですからね。沖縄ではそうそう取っ替え引っ替えできないのです。
 
 *東京のように求人メディアに完全アウトソースしても効果が薄い
 *失業者対象であれば、ハローワーク(掲載料無料)で求職者にほぼリーチしちゃう(^ ^;
 *信用社会である沖縄で本当に採用が成功してくるのは、進出後1年を経てから(残念ながら・・・)
 *トライアル雇用、スキルアップ研修的な助成を活用して、「育てる」ことを東京よりも意識する

沖縄県キャリアセンター
http://www.career-ce.jp

厚生労働省・沖縄労働局

沖縄県・商工労働部・雇用政策課

沖縄県・商工労働部・雇用政策課

WEB Agre(アグレ)

ベネサーラ(沖縄へのU/Iターン・エンジニアの人材紹介会社)
http://www.benesara.com


IT系】
 おそらく本稿で一番多い読者層のIT業界向けにどぞ。

沖縄県・商工労働部・情報産業振興課

沖縄に企業が進出する9つの理由(情報産業振興課
http://www.pref.okinawa.jp/iipd/okinawa/

沖縄が注目される6のポイント(経済特区沖縄)

特定非営利活動法人 フロム沖縄推進機構

総務省沖縄総合通信事務所



【その他沖縄のユニークな機関、仕組み】
ANA沖縄貨物ハブ&新・航空ネットワーク
http://www.ana.co.jp/cargo/ja/int/okinawa/

沖縄インバウンド.net

沖縄県・文化観光スポーツ部・文化振興課

一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー

沖縄振興開発金融公庫

株式会社 OKINAWA J-Adviser

沖縄科学技術大学院大学


0 件のコメント:

コメントを投稿